このようなお金の心配はありませんか?無料相談で解決しませんか?

  • 今後の人生計画で資金の長期的な計画を立てたい
  • 貯蓄家資金運用がなかなか進んでいない
  • 会社をリタイアした後の資金が不安だ

 

ファイナンシャルプランナーに相談する利点:無料相談もある

あなたの家庭状況から今後どういった人生計画を立てたり、その後の夢や希望を叶えていくかというのを考え、最適な人生を送ってもらえるようにサポートするのがファイナンシャルプランナーの一番の利点です。
ファイナンシャルプランナーとは?
ファイナンシャルプランナーは消費者や顧客などからお金の収支や負債、
家族構成や資産の状況などなどから今後の教育費や住宅ローンまた将来の活動などに適した資金の計画書を作ってくれたり、アドバイスをしてくれる人のことを指します。

 

ファイナンシャルプランナーはどういう手助けをしてくれる?無料相談ってあるの?

人生において大きな出来事は誰にでも存在します。例えば結婚をしたり、夢のマイホームを買ったり、子供を有名な大学に進学させたり、会社をリタイヤしたら海外に移住したいという夢だったり。
などなど大小はあれど何かしらのイベントは誰にでも起こります。ただそこでそういった夢、目的などに対してどうしても必要なのかお金です。このお金の運用は素人ではなかなかうまくいきません。それは基本的な情報だったり知識だったり、経験だったりなどなどが必要になってくるからです。
そういったお金のプロフェッショナルがファイナンシャルプランナーであり、私たち素人をサポートしてくれる存在です。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するメリット

現在の状況をしっかりと分析してもらえることがあります。夢や希望などを高らかに語っても自分自身の状況が把握できていないとそれは単なる夢物語にしかなりません。また状況をしっかりと理解できていないと何かあった時にショックを受けてしまったり、思わぬトラブルに遭遇してしまうことがあります。だからお金のプロフェッショナルと相談をすることで自分だけのオリジナルな分析を行って問題を出していきます。
従って今自分に本当にすべきことは何かということを教えてくれる存在となります、これは個人ではなかなかできません、お金に対して幅広い知識や経験を持った人間だからこそ出来るアドバイスです。

 

また課題が見つかってもそれをどういう風に改善すればいいのか解決すればいいのかといったことはなかなか素人では分かりません。でもファイナンシャルプランナー奈良様々な人脈や知識などを動員してやるべきことすべきことを多角的な視点で判断し適切なサポートをしてくれます。
ファイナンシャルプランナーは一方的な関係ではなく顧客と双方向の関係を築いていきます。
だからあなただけのことを一心に考えたサポートをしてくれます。

 

人生計画とは私たち一人ひとりがこうなりたい、ああなりたい、こういう人生を送りたい、というのを叶えるための計画書です。
就職や結婚など人生の様々な大きなイベントに沿った計画を実行する際に必要なお金や予想されるリスクを未然に洗い出すことで、漠然とした不安を解決できます。
このようにすることで未来の計画をより確かなものにすることができます。
人生設計がしっかりとできていればお金の事について余計に考えたり悩んだりする事が少なくなっていきます。そして今後の計画資金をしっかりと準備することができます。また人生計画がしっかりとしていれば資産の運用や住宅のローンなどでも合理的に冷静的な判断をすることができます。またうまくいかなかったと言っても全てを総合的に考えた上での判断になるので後悔の少なくなっていきます。

 

充実した人生の実現

誰しも叶えたいと思った夢は叶えたいですよね。
ただしそのためには様々な努力だったり準備だったり計画が必要になっていきます。
今の日本は様々な家庭環境や社会情勢、社会環境などがありますが人並み以上にしっかりと計画をもって着々と努力をしていけば叶えられない夢はなかなかありません。是非ともこういった人生を送りたいこういった目的を叶えたいという物がある人こそファイナンシャルプランナーに今後の事を相談して、後悔のない充実した人生を送っていただきたいなと思っています。
お金の勉強は生涯にわたって学んでいくべき
長生きの時代にはお金の勉強は絶対必要なのか?そもそもお金ってお金の知識ってどこまで持っていないといけないのか?そんな疑問があると思います。ただ人生、100年時代。
だから健康でお金に悩みがなく、打ち込みたいことが山ほどある人ほど長生きの人生においては幸福な生活を遅れると思います。
また人間社会において生きていくためにはどんな人間であろうとしてもお金は絶対に関わってきます。ですが金の事についてはなかなか義務教育では教えてくれません。だからこそ自発的にお金について勉強することが大事だと私は思いますしかし家計管理や株、投資、年金など話が複雑でなかなか理解できないこともあると思います。

 

勉強すると思うとそれだけで嫌になってしまうと思いがちですが、お金の学びは生活するものの感覚を意識することがとても重要です。仕事をすること物を消費することこれは日常的な活動であり人間の本質でもあります。だから最初はいつもの日常でお金についてなんでこれはこうなっているんだろう?と考えるクセをつけていくことが最初の一歩だと思います。
このようなお金の知識や情報がしっかりと自分のものになっていくと、自分自身や家族や友人など大切な人が人生の選択においてどのようにすればいいのか、その判断力が身につけるようになっていきます毎度このような判断力がついていけば、実りのある人生にするための力が養われていきます。

 

なぜここまでお金について大切に考えなければ重要に考えなければならないかと申しますとことで老後にはだいたい2千万円以上の貯蓄が必要だと言われています。そのような貯蓄をすぐにまた計画的に用意できるのかと言うと、一般人にはなかなか難しいところがありますただこういった知識を学んでいくことができればうまい儲け話に騙されなくなったり、適切な資産運用ができるようになっていきます。
こういった知識は一過性のものではなくストックの資産として残っていきます。だからしっかりとした経済や金融などの基本的な知識や情報を学んでいき経験をしながら次に生かすことで人生はより実りのあるものになっていき、後悔や挫折などが少なくなっていきます。そして長生きしたとしても幸せに暮らせるようになっていきます。

 

 

『東大式FP』の無料相談がお金の強い味方になる!

全国色々とFPはいますが【 クロス・デジタル・イノベーション社】が提携している
『東大式FP』が私はオススメです。
将来の生活設計や資金計画、保険の加入状況などをヒヤリング。一人ひとりにぴったりのライフプランを無料で面談してくれます。
東大式FPは全国各地でセミナーもやっていて顧客満足度は95%以上なんです!
私も保険の見直しをしてもらいスッキリとした気分になりました!

 

現在は無料相談もやっています!
「保険を見直したい!老後のために資金運用したい!なんだかよくわらないけどお金について不安だ」
そんな気持ちがあれば無料相談ですっきりさせて、
より良いライフプランを計画することを強くオススメします!
下記ボタンリンクより東大式FPの申込ができます。(さらに現在はハーゲンダッツギフト券がついてくるキャンペーンを実施中です)

 

 

40歳代のマネープラン

40歳代は将来を見据えたライフプランを固める時期。独身、既婚と状況は様々ですが、定年後までを意識したプランを考え始めましょう。
教育費をよく考える
社会人生活もいよいよ折り返し地点。攻めるばかりではなく、守りを固める時期です。遥か彼方に感じていた定年がそう遠くでもなくなってきました。
40歳代の子育て世帯は教育費が右肩上がりに増加していく頃。30歳代からマネープランを練ってきた人はその貯えがここで生きてきます。
教育費は予想以上にかかります。子供一人にかかる教育費は家一軒分と言われます。最近は私立中高一貫校への進学がブームとなっているようですが、本当に可能な選択か、よく考えることが重要です。
せっかく進学しても、途中で学費が払えなくなる生徒が増えています。周りに流されず、身の丈に合った選択を心がけましょう。
残念ながら貯金がうまく出来なかった人も、子供の進学を諦める必要はありません。学費に充てるのであれば、奨学金という方法もあります。支給、貸与の条件は様々です。ご自身が利用できる状況かよく調べてみましょう。
教育ローンなどで借りることもできます。ただ、その場合には、金利や返済計画を十分に考えましょう。教育費とはいえ借金は借金です。
40歳代は守りも意識する。
住宅をどうするか
若いころは賃貸でよいと思っていても、子供が大きくなり家が欲しくなるという場合もあるでしょう。
住宅をローンで買う場合には、返済できる期間も短くなってきました。40歳代ということは、すでに定年まで、十数年。頭金が十分に用意できれば、購入も可能ですが、難しい場合には、賃貸を前提にしたライフプランを考えましょう。
定年後まで支払うローンを組み、退職金で残金を返すこともできますが、退職金は第二の人生の大切な資金。できれば当てにしたくないものです。
住み慣れた土地にこだわらなければ、定年後、田舎に住むということもできます。リゾート地で格安物件を購入し夫婦で移り住むことも、今から準備できれば、定年後の楽しい目標になります。
独身の人は広い家を望むのでなければ、40歳代からでも住宅ローンを組んで家を購入することは可能です。
子供がいると、転校の問題などもあり、引っ越しもなかなか出来ません。その点、独身の人は自分の状況に合わせて身軽に行動することが可能です。
購入するときには、貸し出すことができる物件か、よく考えましょう。購入した住宅も自分の身を守る財産です。いざという時には貸し出して収入の一部にするということを想定すべきでしょう。余力があれば、複数の物件を購入して、将来に備えるということも出来るでしょう。
将来結婚して、購入した家に住まなくなるという可能性もあります。どのような場合でも対処できるような準備が身を守ります。
買う前に、貸せる物件かよく考える。

 

 

資産運用の考え方

老後の貯えが少ない人は定年までに、大きく増やしたいと思うものです。特に今まで貯めて来なかった人は、しっかりと資産運用している人の話を聞くと焦りを感じることでしょう。
しかし、資産運用にも知恵と経験が必要です。ファイナンシャルプランニングについて基礎からしっかりと学びながら、徐々にリスクの高い商品について学習していくのが正しいやり方です。
何事も基礎を学ばずに高度なことを行おうとすると、失敗します。40歳代はまだまだ十分な学習の時間が残されています。定年までの時間を有効に使って、これからの人生を考えるプランを練ってみましょう。商品の選択はそれからでも決して遅くはありません。
慌てずに、基礎からしっかりと学ぶ。

 

「老後の医療費」

高齢化社会となり、医療費の増加が問題視されています。そんな社会的背景もあり、最近「長生きリスク」のための商品の人気が高まっています。その中の一つが保険会社の販売する医療保険。
ひとくちに医療保険と言っても内容は様々です。大きく分けると二種類、終身型と定期型があります。終身型は一生涯保障するタイプ。定期型は期間を決めて保障するタイプ。通常医療保険は入院日数分の保険金。また一手術あたりの保険金などが基本的な保険金として支払われます。
40歳代で新規に医療保険への加入を考え試算してみると、総支払い保険料分の保険金を受け取ることは、基本的には難しいということがわかります。
かつての終身医療保険の場合には、加入時期と年齢によっては、支払った保険料が将来解約した時にほぼ全額戻ってくるようなものもありました。
過去にこのような商品に加入していたのであれば、解約せずに持ち続けるのが良いでしょう。
医療費は公的な健康保険制度の対象となります。民間保険会社の医療保険は健康保険を補完する商品です。加入時には本当に自分に必要なものかどうか、よく検討を重ねましょう。

 

50歳代のマネープラン

50歳代は定年後を見据えたライフプランを考える時期。定年後には社会人生活に匹敵する長い時間が待っています。定年後を充実させるために、今から準備を始めましょう。
定年後を具体的に考える
今までの経験を生かし存分に活躍できる50歳代。仕事に夢中になることは大切ですが、定年後のことも具体的に考えなければなりません。
定年後は限られた収入、資産の中で実現可能なライフプランを立てる必要があります。やりたいことがあっても、マネープランが準備できなければ、夢が夢で終わります。そのためには、定年後に行いたいことを、今から少しずつ始めてみることをお勧めします。
例えば、海外旅行。旅行費用は想像以上にかかるものですが、今から旅を始めると、自分の求める旅の予算が具体的にわかります。その分、定年後のマネープランニングも具体的になるというわけです。
またパソコンを使ったインターネットによる情報収集は、何をするにも欠かせません。特にマネープランを考える上でネット銀行、ネット証券は大変便利です。
仕事でパソコンに触れる機会の少なかっそた方は、今から趣味、コミュニケーション、マネープランのためにインターネットやメールの使用をお勧めします。

 

更新履歴